のりともよるとも 備忘録

元アダルトグッズ店員・中村が日常生活で見た、聞いた、感じたことをそのまま綴るブログ。(下ネタも少々)

OWNDAYS/メガネについて

アベマネー(定額給付金)が本日振り込まれた。

せっかく頂いたカネだ。ここはパーッと使ってしまいたいところ。

しかし経済上、しょぼい個人事業主であるため、当分の間は贅沢な暮らしはできない。

 

中村が使う贅沢な散財といえばカメラ機材か旅行費あたりだが、10万円という中々ビミョーな金額のため、カメラ関係で10万円で買えるものといえばEOS Kissとか中古の中望遠辺りだろうか?

EOS Kissは買うつもりないし、中望遠は今の所追加で買う予定ないし、どうしようかと悩んだ挙げ句買ったものは


f:id:noriyoru:20200625220512j:image

メガネ。約一万円也。

川崎のOWNDAYS(オンデーズ)で買った。

OWNDAYSというブランドは初めて。どういう会社が作っているのかよく知らなかったが、この会社、中々面白いストーリーのある会社。

破産寸前のメガネ屋を若手起業家(現社長)の田中修治氏が経営危機から救ったとのこと。(田中さん、すげー。お若いのに経営センス抜群ですね)

 

 

今回、買わせていただいたOWNDAYSのメガネについて一言。

「GOOD。もしまたメガネを買うならメガネスーパーかOWNDAYSだな」

個人的には、JINSよりもデザインセンスは上だと思う。

 

メガネ歴約15年ほどだが、割と頻繁にメガネを買い替え、買いましをしているので

いろんなブランドを触ってきた。実際に自腹で買って使ってみたSHOPごとの評価をまとめてみた。これからメガネを買う予定のある方の参考になれば幸い。

 

JINS:メガネ界の「ユニクロ」。非球面レンズを追加費なしで買えて、安価でメガネを買えるので、メガネを持ってない人はまずは一本ここで買ってみたらいいと思う。

スタッフのメガネ調整技術は店によってばらつきがあるので、そのへんはご愛嬌。

 

メガネスーパー:メガネ屋の老舗。中村が思うに、スタッフのメガネ調整技術は恐らく日本一。全国各地に出店していて、壊れたときのアフターサービスも秀逸。メガネの平均価格が若干高めで、メガネのデザインセンスはイマイチなので「見た目第一」のおしゃれさんは止めたほうがいいかも。

 

Zoff:メガネ界の「GU」。とにかく安く、その日のうちにメガネが欲しい、というときに便利。たまーに型落ち売れ残りフレームを格安で売ってる店があるので、チェックしておきたい。JINSと違って非球面レンズは有料なので注意。

 

OWNDAYS:メガネ界の「ZARA」。JINSと同じく非球面レンズ0円。フレーム代のみでメガネが買える。ラインナップは5千円台から2万円超えまで豊富。接客、調整技術も優秀で、メガネを買ったことのない人にも安心して勧められる店だと思う。

ただし、同クラスのフレームだとJINSに次いで二番手になりがち。

 

眼鏡市場(ALOOK):メガネトップが所有するブランドで売上首位の老舗。

メガネスーパーと同じく、メガネの一流SHOP。安価なフレームから高価なフレームまで一通り揃っており、2万円あれば日本製のしっかりしたフレームが買えちゃうのでコスパ抜群の店。

 

 

ステマじゃないけども

OWNDAYSいいですよ。レンズの在庫が有れば30分ちょっとで出来上がるし、調整もパパっと終わるし。

興味のある方は一度覗いてみたらいかがですか?