のりともよるとも 備忘録

元アダルトグッズ店員・中村が日常生活で見た、聞いた、感じたことをそのまま綴るブログ。(下ネタも少々)

SO-01J

メインで使っていたスマホのiPhoneSE(初代)がそろそろ限界の様子。約3年、レンタカー屋時代からUber eatsやってた時もこれを使っていたので、寿命だと思う。

雨降りの中、防水非対応のiPhoneSEで配達やったり、全速力でチャリを漕いでる最中にアスファルト舗装の道路に何度も落としたので当然といえば当然。

(iPhone5時代からiPhone使ってきたけど、iPhoneの画面が割れたことは一度もない。濡れても乾かせば動いたし、個人的に初代iPhoneSEは名機だと思う)

 

3年間、よく耐えてくれた。

 

バッテリーは交換すればなんとかなると思うけど、Lightning接続端子の接触がおかしくなって、充電されない症状が頻発。

接続端子がダメになるとPCに繋いでバックアップすることが出来なくなる。

完全にダメになる前に、バックアップを取り、代替機への移行を考えていた。

 

iPhoneSEの新型機も発売され、

旧型の7や8の中古が安く流通し始めていたのでそれらを買うつもりだったが、

今日立ち寄ったアキバのイオシスで

これを買ってしまった。

 

f:id:noriyoru:20200602195903j:image

 

Xperia SO-01J

iPhoneではなくAndroid機

しかも2016年の11月発売の古いモデル。

 

iPhone7の中古が3万円以下で買える中、わざわざこれを買ったのには訳がある。

 

f:id:noriyoru:20200602200217j:image

 

このXperiaは古いモデルだが

当時のハイエンドモデル。

動きも割とスムーズで、ゲームをしない私のようなユーザーには十分すぎる性能を持っており、店頭で見た限りでは目立ったキズ汚れもなくキレイだった。

当時のハイスペックモデルを1万円以下で買えたのなら悪くないんじゃないかと。

 

iPhone7,8よりも良いなと思ったのは音質と画面の画質の良さ。

どちらも比べ物にならないくらい良い。

指紋認証も早いし、フツーに使える。

 

(どうせ1万円以下で買ったのだから)

もしまた壊れたら別の機種を買えば良いので、割り切って使える。

適当に扱って壊れても落ち込まずに済むのが安い中古のメリット。

色々触ってみたが、想像以上に作りが良いので、中村のメインスマホに決定。

Android機らZenFone2 laser以来なので久しぶり。でも、使うアプリは大したものじゃないので、ノープロブレム。

 

Android機は複数のAPN設定を保存出来るので、SIMの入れ替えもiPhoneより簡単。だから格安SIM運用にピッタリ。

 

Android機にした意味はちゃんとありました。