のりともよるとも 備忘録

元アダルトグッズ店員・中村が日常生活で見た、聞いた、感じたことをそのまま綴るブログ。(下ネタも少々)

安倍首相の「10万円給付」の件

先日書いた記事の答えのようなものがAviation Wireさんにて出されましたね。

世界中で旅客の需要が減った代わりに貨物の需要が増えているよう。

全日空さんの貨物機だと輸送が間に合わないようで、国際線用の機材の座席や上部の荷物置きに積めたりしてるとか…

詳しくはAviation Wireさんの記事を御覧ください。

直リンは禁止?らしいのでリンクは張りません。あしからず。

 

 

話は変わりますが、本日の安倍首相の会見をご覧になった方、多いのではないでしょうか。私はほぼ無職ですので、ヨユーで見れましたw

 

とりあえず、条件無しで一人あたり10万円はもらえるようです。

ヨカッタヨカッタ…

(山口那津男ナイス。公明党、創価学会は興味ないからどうでもいいけど)

本音を言うと、一秒でも早く欲しい。

問題なのはいつもらえるのか。

 

安倍首相は5月中の給付を目指す。といっていましたが、

総理、遅すぎます。

5月っていっても幅が広いわけで。

5月31日に給付されても、生活費が枯渇して死ぬ人もいるかも知れないし。

(嘘でも今月中って言ってほしかった)

 

いざとなれば、生活保護って選択もありますが

申請してカネが貰えるまでに日数かかりますから。

それに申請すれば100%もらえるとも限らない。おそらく審査とかあるだろうし。

老人だったら役所の人に「あーおじいちゃん、お金がなくて困ってるんだね。わかりました。申請許可しますから…」って言われるだろうけども

若い世代の失業者だと「仕事を探したらどうです?」で終わりそう。

「言われなくてもやってるよ!仕事が飛んで、失業して困ってるからここに来たんだよ!公務員に何がわかるか!」っていう怒号が役所の中を響き渡る様が想像できる…

 

生活保護は置いといて、

10万円、いつもらえるのでしょう。

とりあえず、自民党のWEBサイトから安倍首相宛にメッセージを送れるので

意見でも送ってみますか…

 

最近気づいたんですが、デモとか役所に行って騒ぐより

財務省、自民党に電話するほうが効果あるっぽいです。

※もちろん、不必要なクレーム電話は止めてください。下手すると犯罪ですから

 

先月と先週に財務省と自民党へ。意見書を自民党へ送ったところ

今日の結果になったので、

私だけでなく、多くの国民の総意が総理や担当の役人を動かしたのなら

これはこれですごいことなんじゃないかと思います。

 

会社員時代に私の直属の上司が言ってました。

「わからないことがあれば、聞きなさい。その場で、すぐに。」

そうです。わからないことは聞けばいいのです。

クレームではなく、質問として。

「~の件で、お尋ねしたいのですが。これはどういうことなのでしょうか。教えていただけますか?」

といえば、担当の方は親切に教えてくれます。

 

質問だけでなく、意見も電話で言えば担当に繋げてくれるだろうし

一人の国民の意見として汲み取ってくれることでしょう…

 

今、意見書の中身を考えながらこの記事を書いています。

私は文章力があれなので、これ以上のことは書けませんが

誰かうまい文章書いて、自民党へ送ってください。

 

よろしくお願いいたします。