のりともよるとも 備忘録

元アダルトグッズ店員・中村が日常生活で見た、聞いた、感じたことをそのまま綴るブログ。(下ネタも少々)

【業務報告】Uber Eats 辞めます。

最近話題のUber Eats

武漢コロナウイルスの影響で自宅に引きこもる人が増え、利用する人が増えている模様。

料理を注文する人だけでなく、料理を運ぶドライバーも最近増加しているようで

以前はあった高額な新規ドライバー向けのインセンティブがかなり減額されました。

 

私は去年の3月から始めたのですが、

この時点でドライバーが飽和状態だったようで、パートナーセンター(ドライバー登録会場)の待合所に並ぶ人がぞろぞろといたのを覚えています。

 

稼ぎが多いときは、本業よりも収入が上回る日もあり「これだけで生きていけるかも」なんて思った日もあります。

 

いろいろ不満はありましたが、組織や余計な人付き合いをせず自分の好きなときに好きなだけ仕事ができる良いサービスだと思いますが、そろそろ潮時が来たようです。

はっきりいうと、ドライバーが多すぎてこれだけで生活するのはかなりきついと思います。

副業としてなら最高ですが、本業でやるのは覚悟が入ります。

ましてや最近はドライバーが増えすぎて、数少ない注文を大量のドライバーが奪い合う状態。そんな中で、今年に入ってのコロナショック…

残念ですが、副業としてUber Eatsやるにも注文数が少なすぎて割に合いません。

私がしょぼいやる気のないドライバーだから稼げていない可能性もありますが、

街で出会う先輩方とお話をするたびに「今日は鳴らないね。最近、全然ダメだよね」というような会話をしょっちゅうしていました。

 

Uber Eatsを広めようと頑張って行灯アフィサイトを運営する方もいるようですが、ハンドルネームを使って顔も名前も配達記録も偽装できる今の時代。ブログやSNSサイトで「Uber Eats最高!稼げるぜ!」なんて煽り文が書かれていても私は全く信用できません。

そんなわけで、

今月、Uber Eatsのサポートセンター(ドライバー専用の電話サポート)に

「Uber Eatsを辞める」旨を伝え、Uber Eatsを辞める決断をしました

_____________________________________________________________________________

※Uber Eatsドライバーは専用の大きなリュックをパートナーセンターから受け取って仕事をしています。

当時のデポジット料金は8,000円でした。(今は4,000円らしい)初日に一括で払うのではなく、月の報酬から2,000円ずつ天引きされ、Uber Eatsを辞めるときにリュックと交換する形で、後日紐付けされている銀行口座に入金されます。

_____________________________________________________________________________

4月8日現在、Uber Eatsのパートナーセンターは閉鎖されており、

リュックの返却ができません。

どうせもうUber Eatsやらないし、お金返してくれるなら早く欲しいなー

と、軽い気持ちでサポートセンターへ電話。

音声ガイダンスに従うと強制的に終話させられるので、

無理やりサポートセンターの方につないでもらい辞める旨を伝えたところ

 

「本来はこのような対応は行っておりませんが、昨今のコロナウイルスの影響もあり

ますので、『特別処置』として、中村様へ先にデポジット分を送金処理させていただきます」

とありがたいお言葉を頂いた。

(サポートY様、無理なお願いにも関わらず、柔軟なご対応をしていただき感謝申し上げます。)

 

これは私だけの対応なのかもしれませんが、

もし、Uber Eats稼げないから他の職種へジョブチェンしようかな?なんて思っている方、とりあえず電話してみるといいと思います。

サポートセンターは相変わらず常時混んでいて、10分以上待たされるかもしれません。

 

最後に、私が元Uber Eatsドライバーであったという証明?を。

もうUber Eats使うこともないだろうし。

f:id:noriyoru:20200409203910p:image

f:id:noriyoru:20200409203918p:image

一時期は評価が94%まで落ちて

GOLDパートナーになるのを諦めた、

なんて日もありましたよー。